高校になるまでその理由はわかりませんでした

高校の時にその起因の1つである原因にいきついたのです。

ステレオのレコードがかなり多くなってきたので、整理ミラクリニック脱毛予約しようと思っている時に、クラシックのシングルレコードが何枚かでてきました。

幼稚園や小学校のときもレコードがありましたが、それは全て特撮やアニメそして子供の音楽でクラシックとは全く関係無いと思っていましたが、実は、幼稚園に入る前にこれらのクラシックのレコードに接していたのです。

それは掛けた記憶がないため相当小さい時に聞かされていたんでしょう。

そのほとんどは1歳か2歳のときはよくかけていたとのことです。

小さい頃の音楽の影響は?

それにしてもそんなに小さい時に影響が有るのでしょうか。
美しく青きドナウやウィーンの森の物語そして皇帝円舞曲等有名な曲がほとんどなのでこの時聴いたわけじゃなくて、他で聞いた可能性もあります。

ですが、ごく小さい時に聴いた音楽が結構影響力のあるというのは納得できる理屈ではあります。
大人になってから色々な音楽に接する前に、クラシック音楽に親しむというのは子どもにとって良いと思います。

個人差は多いでしょうから。

小さい時の影響ってことから言うと、テレビで「おもちゃの交響曲」をなにか単純な図形が変化して鳥になったり動物になってりする番組が有りました。

幼稚園ぐらいでしょうか、やはりこの時の印象は強いです。
この曲は最初ハイドンが作曲したとか、モーツアルトが作曲したとか聞いていたんですが、大人になってから実は、モーツアルトの父親のレオポルトが作ったと知りました。

しかしその後、それも違うとか…まあ一回調べたんですが結局覚えられなかったんで作曲者についてはどうでもいいやと思いました。
NHKの教育テレビで流れ、今ほとんど聴かない。

ウラディミール・ホロビッツ

彼の存在を知ったのは、もう30年以上も前の事です。
待望の初来日を果たした時に、NHKが組んだ特集番組がきっかけでした。

その頃、私は一応レッスンに通っていたものの、子供ながら才能がない事にとうの昔に気づいていました。

ですから、その時も自ら進んでじゃなく画面に現れた瞬間から、恥ずかしながら、そのビジュアルがとても気に入ったからです。

彼の顔や佇まいが、少し前に亡くなった祖父に似ていたのです。
驚いた事に、歩き方やハンカチの使い方まで、本当にそっくり。

恐らく体調があまり良くなかったせいで、演奏自体は柔らかく伸ばした指が鍵盤の上を自由自在に行き来する独特の奏法。
特に軽いタッチで優しく響かせた時の高音が好きでした。

ホロビッツが紡ぐ音は、それまで聴いた、どのピアニストの演奏とも違っていました。

VIOはどうなるの?

難しいOラインですが、そこは対象パーツとなります。

VIOの施術の順番、流れは?

脱毛サロンのでデリケートゾーンの光照射の順番としましては、Oラインを照射してビキニラインを処理。

この大きく3つのパーツの中では、Oラインはほぼ全員がシェービングになります。
ジェルを塗布するというのが苦手な女子は多く、なお辛いということになります。

でもキレイモのサロンでは、冷却ジェルは不使用ですので、冷たい感触や、ヌルヌル感を感じる必要もなく、スッキリとvioパーツも処理をしていくことができます。

強い痛みを想像しますか??
照射を受けてみましょう。

脱毛器のパワーを上げてくれることがあり少なくなっていますし、毛質も細くなっていますので、やはりほとんど痛み等はありません。

Vラインは痛いのではないかという不安は、杞憂でしょう。

Vラインの施術をする時の体勢ですが、仰向けになって足を少し開いた状態で照射をしていきます。

ワキの脱毛と同じくらい、Vラインのムダ毛は反応をしやすいので、ムダ毛の抜けやすい、わかりやすいパーツでもあります。

ですから足の形は片方が、ひらがなのくの字のような感じです。

Iラインの脱毛をするときには、その格好が恥ずかしいと感じるかもしれませんが、ほんの3回から4回くらいの照射です。

長時間の照射ではないので感じる暇もなく、あっという間。
目元は専用のサングラスでカバーしますし、施術をしてくれているスタッフと、うっかり目が合ってしまうこともありません。

うつ伏せのスタイルで、足を少しだけ広げて、ヒップの片面を少し引っ張りつつ、光の照射をしていきます。
少し温かい感じを受けるくらいですし、強い痛みはないです。

そしてOラインは狭いパーツなので、Iラインよりも更に短時間で照射が終わってしまうので、恥ずかしいと思うのは、施術をする前のほんの一瞬でしょう。

慣れてくれば、スタッフに肌を見せることへの抵抗よりも、ムダ毛がなくなってもっと美しくなれるという喜びの方が勝るはずです。
VIOは実感が増すでしょう。

ドクターサポートあり!万が一のときにも安心!

キレイモの安心としまして、ドクターサポートがあるのも、うれしいところです。

脱毛サロンですので、お医者さんがいつもいるわけではなく。

でも脱毛というのはやけどなど、肌へのトラブルとも隣り合わせ。
備えて、クリニックと提携。

だからもし肌に何かあったら治療を受けれるので安心。

スタイルですので低刺激。
肌への負担は少ないにも特徴。

でもそれぞれに健康状態や、肌の状態が異なりますので、皮膚のトラブルがゼロとは言い切れないです。
こうしたドクターは心強い。

高いスキルを持った技術者が、お客さんの脱毛の施術を担当。

徹底した研修制度と日本医療美容研究協会加盟で、 更に安心度もアップ。

まだ自己処理している、もしくは他社サロンの通っているけれど、
満足していない、そんな方たちにおすすめしたい
全身脱毛専門サロンC-3(シースリー)です。

それにワキだけと思っても、次から次へと別の箇所が気になってくるものです。
パーツごとに契約するくらいなら、
最初から全身脱毛を選んでおいた方が、結局はお得だったということにもなるでしょう。

お肌にやさしい美肌脱毛をモットーとしており、
ヒアルロン酸ジェルの使用でうるおい肌へ。
満足度の高い仕上がりです。

人気の理由は、融通の利く支払いシステム。
月々9000円(税込)~の分割支払いと、後払いから選べます。
月額制ですと通えない月でも費用がかかってしまいますが、
シースリーは、予め支払い額が一定で決まっているので、
余分なお金を支払う必要がありません。
あなたのスケジュールに合わせて、通うことが可能です。

また、一生通い放題コースですと、
あなたが納得するまで何十年でも通えますから、
「また生えてきたらどうしよう・・・」
と心配する必要もありません。

今どきは、脱毛も身だしなみのひとつです。
美容院やネイルと同じ感覚で通ってみるのもよいのではないでしょうか?
オンライン予約システムでいつでもどこでもシースリー全店舗予約可能ですよ。

シースリーは月払いができる全身脱毛専門サロンです。
一番安いプランですと、月額9000円(税込)から全身脱毛ができてしまいます。

高品質の国産脱毛マシーンを取り入れているので、
効果の高い脱毛が期待できます。
日本製ということで、安心感もありますよね。

シースリーの人気の秘密のひとつめは、
月払いができること、後払いができること、
美容院やネイル感覚で、毎月通えてしまいます。
月払いが厳しいという方には、後払いのシステムもありますよ。
手数料は全てシースリー負担なのが有難いですよね。
もちろん、現金一括やクレジットカードでの支払いもできますよ

無期限回数保証ということもうれしいですよね。
有効期限がないので、
あなたの予定に合わせて来店可能です。

「どこでも予約」
という予約システムがあり、
オンラインでいつでも予約できます。
シースリーの店舗なら全店予約可能ですので、
あなたの都合の良い場所が選べますよ。
これでもう「予約がとれない」なんてことは、
ありませんね。

全身くまなく脱毛されるから、
360度どこから見られても、恥ずかしい思いをすることはありません。
ワキや膝下などの部位から始めても、
やはり他の箇所も気になってきて、結局全身脱毛にする方が多いです。

だから、ノースリーブなんて絶対に着れないし!

プールや海も、もう10年近く行ってなかったです。

毎日のカミソリが面倒で、
それから解放されたいという思いが、日増しに募っていきました。

そんなとき、ポストに入っていた1枚のチラシ。
『KIREIMO』という脱毛サロンのものでした。
脱毛と聞くと、高価なイメージを持っていたのですが、
月額料金で通えるということで、そこに惹かれました。

また、板野友美さんという有名な方がイメージキャラクターだったので、
安心感もありました。

カウンセリングは、しっかりとしてもらえました。
私のムダ毛の悩みを丁寧にヒアリングしてくれて、
ここなら安心して任せられそうだと思い、契約することにしました。

オープンしたばかりとあって、店内は清潔で、
スタッフさんの対応も親切でした。
私は、池袋店に通っているのですが、駅チカなのでうれしいです。
何度も行く場所になるので、駅からのアクセスも重要ですね。

そして、脱毛。
脱毛初体験だったので、ドキドキしていたのですが、
「えっ、もう終わったの?」
って感じでした。

本当に痛みはないのだろうか、肌が赤くなったりしないだろうかと施術前はやはり不安がふくらんでしまったのですが、
何の問題もなく終わり、自分の心配性ぶりに笑ってしまいたくなりました。
予約がとても取りやすく、希望日に通うことができているので、満足しています。
もちろん、脱毛の効果も実感していますよ。
私は、キレイモに決めて正解だったなと思っています。

リーズナブルになった全身脱毛

無駄毛の処理は手間がかかりますし、結構面倒なものです。

部位で考えると、やはり脇の脱毛は人気があります。

価格だけではなく、アフターメンテナスも考慮に入れて

リーズナブルだからと言って、安すぎるサロンは不安かもしれません。
アフターメンテナンスもしっかり行ってくれるサロンを探したほうが安心できます。

今は大抵のサロンでお試し体験を利用することができるようになっているので、
契約をする前に痛みやアフターメンテナンスを自分で確認することができます。
安いことは嬉しいですが、施術に不満を感じるようではいけないので、
キチンと確認をしておくことが必要でしょう。

全身脱毛専門のサロンであれば、他のコースの勧誘もありませんし、
どの程度まで脱毛をするのか決めることができます。

お肌へのダメージも軽減した施術を行ってくれるようになったのですが、
それでも不安な場合には医療脱毛を考えてみても良いです。
美容皮膚科での施術となるので、お肌のトラブルも解消させることができます。

横浜の脱毛サロンを語ってみた。

    • 横浜西口店

閉店しました。横浜アネックス店に統合。

【閉店】ストラッシュ横浜西口店

近くなんです。

横浜駅みなみ西口より徒歩5分です。

ドン・キホーテ、ダイエーを抜けた、交差点のところにあるビルの7Fです。
ビルの1階には、CoCo壱番屋があります。

住所 神奈川県横浜市西区岡野1-12-14 横浜NYビル7F
営業時間 11:00~21:00

120名以上のモデル・タレントが個人的に来店している、今人気絶好調の所なんです。

閉店しました。
横浜アネックス店に統合。

まずはJR横浜横浜駅みなみ西口駅に出て、大和証券とスーツカンパニーがある建物の角を左に曲がって進みます。

そのまま真っ直ぐに進んでいくとドンキホーテやダイエーが見えてきますが、そのまま通過して進んでいきます。

そうすると岡野の交差点に到着しますので道路の向こう側に見えるCoCo壱番屋が入ってるビルがあります。
そのビル7Fにストラッシュ横浜西口店が。

JR横浜駅西口からは徒歩で約5分程度なので、それほど遠くありませんね。
また、直線を進んでいくだけなので迷わずに到着することができますよ。

ストラッシュ店舗周辺

ストラッシュのビル1FにはCoCo壱番屋がありますし、その道路を挟んだ向こう側にはラーメン吉村屋があります。

お腹がすいたときのために覚えておきましょう。

店舗に来るまでの道のりには、ビックカメラなどの大型チェーン店が連なり、駅前はオシャレビルが立ち並んでいるので、女子にはうれしいところ◎。

カジュアルでアットホームな接客が受けているので、客を選ぶかもしれませんが、もしあなたがそういうのが好きなら1度行ってみて自身の肌感覚で決めるのも良いでしょう。

横浜アネックス店

住所 神奈川県横浜市西区南幸2-17-7 ヴェルディ横浜ビル6F
営業時間 11:00~21:00

ヴェルディ横浜ビルの6Fに存在。
駅からもなかなか近いですね。

横浜駅からストラッシュ横浜アネックス店までの詳細なアクセスを紹介します。

横浜駅の9出入口を出ると、大きな道路があるので、それに沿って進んでいきます。

洋服の青山などひたすら道を歩き続けるんです。
分かりやすい経路ですよ(#^^#)

その4件目隣でしょうか。
ヴェルティ横浜ビルが左手側にあります。

ほらね、簡単でしょ??
アクセスはこれで全く問題なしのバッチグー!(^^)

あとは、あなたの勇気だけ。
ほら、一歩前へ進んでみて明るいキラキラ未来を手にギュッと掴みましょう。

チャップリン「街の灯」

先ほどはチャップリンはボクシング経験がないと書きましたが、彼の動きから察するに、テレビで見ていたりはしていたのでしょうか。

こんな動きをするなんて、予想できません。
漫才を見ているようでした。

このネタ、人気お笑い芸人さんがやってもおかしくないレベルのクオリティですよね。

どちらかというと盲目の女性のことが気になっていた物語ですが、このシーンを見て、やっぱりチャップリンは面白い、と思いました。

これ、実際にやってみたいですね(笑)。
私はこのボクシングのシーンだけでも、『街の灯』を観る価値はあると思いました。

酔いが覚めると我に返って彼のことなど知らないという英国紳士、しかし彼は酔うたびにチャップリンを友人として思い出し、彼を振り回します。

これ、チャップリンはチャップリンで彼の資産を利用していますが、現実にこんな相手と関わると、やってられないですよね。

つい先ほどまで友人と思っていて、しかもお金までくれた相手が、自分のことを知らないと言う。
チャップリンに同情してしまいますね。

警察が来たところでは、思わず「ああ……」と天を仰いでしまいます。

花売りは、彼から受け取った大金で手術をして、目に光を取り戻したのです^^
彼女は今も花売りを続けています。

ある日、花を買いに来た紳士に、彼はもしかして自分を助けてくれたあの人ではないかと思いを巡らします。

しかしそれはまったくの別人で、その人はチャップリンと違い、身長も高く、ハンサム。

このシーンも『街の灯』の中で重要なところだと思いました。

もちろん個人の解釈でしかないのですが、ここで描かれているのは、人は容姿によって惹かれてしまうというアイロニーではないでしょうか。

人間誰しも、白馬の王子様や美しいお姫様とのロマンスを思い描きます。
自分を助けてくれた人はとても美しい、それは女性からすれば高身長のイケメンなのではないかと。

けれども現実はそうではなく・・・。
人は理想の人を思い描くとき、容姿は間違いなく優れたものとなっているはず。

彼女に惚れたチャップリンでさえ、盲目の女性が美人だったからこそ助けようと思ったのでしょうから。

ついにチャップリンも花売りの女性に気づき、そして彼女もチャップリンが本当の支援者だったことに気づきます。

ここから、二人のラブロマンスが始まるのかもしれません。
映画では、そこのところが詳しく描かれることがなく終わります。

しかし、あえて描かなかったというのは、やはり監督であるチャップリンは、ハッピーエンドにしたくなかったのではないでしょうか。

そう考えると、作品全体が引き締まる感じがします。

この作品は、コメディーなので笑えるとか、恋愛ものとか、そういった単一の解釈を許さず、観る人によって色を変えるような映画なのではないかと思います。

時代を超えて残っている作品ですから、観る人それぞれの感想があるでしょう。

モノクロだし、若い方は特にチャップリン作品未見の人も多いのではないでしょうか??

『街の灯』は初体験だった私でも楽しめたので、ぜひおすすめします!

クラシックの流行

最近、テレビやラジオで聞かなくなってしまったなぁという曲がある。
サン・サーンスのチェロ協奏曲
オネゲルの「パシフィック2・3・1」
ダリウス・ミヨーの「屋根の上の牛」
ボロディンの交響曲第2番
ドップラーの「ハンガリー田園幻想曲」
ボッケリーニの「マドリッドの夜警隊の行進」
シャミナードのフルート協奏曲

もっとも、私が目にしないだけで、演奏はされ続けられているのかもしれない。そもそも、あまりメジャーな曲ではないので、演奏頻度も少ないとは思うのだが・・・。

これに反して、平成に入ってから演奏が多く行われる曲も出てきた。
ニールセンの交響曲第3番
ラフマニノフの交響曲第2番
とかである。

又、テレビで曲の一部分だけが沢山取り上げられている
カール・オルフの「カルミナ・ブラーナ」
ヴェルディの「レクイエム」
なんかもそうであろう。

クラシックも時代によって、演奏されるはやりすたりはあったりする。

サッカーが流行ると、ヴェルディの歌劇「アイーダ」の大行進曲を誰もが口ずさむようになったり、荒川静香がフィギュアで金メダルを取った時には「誰も寝てはならぬ」を「ラララ」で歌ったりしていたのも流行的な現象だと思う。

では、はやりすたりのない曲って何だろう?と考えると、真っ先に頭に浮かぶ名曲がある。
メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲。

実は、この曲、細かいヴァイオリンの技巧的な表現をフランチェスカッティ等の名手が書き換えてきたという歴史がある。

ベートーベンの第九第四楽章のように、近年の研究家によって、慣れ親しんできた部分が拍子抜けする耳慣れない形に変わってしまうのは、なんとも複雑な気がする。

これ以上、書き換えを行わないで欲しい。

なぜならば、この曲のように、本当に至極と呼ぶにふさわしい曲は滅多にないのだから。

ドラえもん「のび太の宝島」感想その2

この前の続き。

クライマックス

のび太くんが体を張ってドラえもんを救出します。
そのシーンは本当に鳥肌が立つほどでした。

お互い助け合うシーンは、映画でもアニメでもよくあるのですが「のび太の宝島」ではのび太くんが本当に自分を顧みずにドラえもんを必死に助けようとする姿、そんなのび太くんを援護するしずかやのび太の姿も、登場人物一人一人がお互いを思い合う絆の強さを感じる方ができました。

主題歌

星野源さんの「ドラえもん」。

この歌は明るくてテンポが速い曲で、今までの子ども向けの簡単な歌が多かったドラえもんの歌と少し雰囲気が違う曲なのですが、なぜか懐かしく、優しい気持ちになります。

オープニングにこの曲と映像が流れると、冒険感やワクワク感が本当に高まって、小さい頃ドラえもんを見ていた時の気持ちに戻ってしまいます。

予告映像でも流れていた「ここにいないあなたへ」が私は特に好きで、こちらも星野源さんが歌っている曲です。

こちらは「ドラえもん」とはまた雰囲気が違います。
とても優しく、ゆったりしていて心が落ち着く歌です。

ドラえもんはとても温かみがあって心に寄り添ってくれるので、「ここにいないあなたへ」はそんなドラえもんの温かさがそのまま歌になったようでホッとします。

私がドラえもんを好きな理由

キャラクターひとりひとりがまるで本当に生きていて、自分をまるで応援してくれるかのようだから。

他の映画の、敵と戦いハラハラドキドキとしたストーリーももちろん好きなのですが、「のび太の宝島」は家族をテーマにしていることもあると思いますが全体的にとても優しくてあったかい雰囲気のある映画で、見ていると子どもに帰れる、包まれる気持ちになるところが本当に◎。

ドラえもんは大人でもすっごく面白い!
特に「のび太の宝島」は、大人の立場と子どもの立場が描かれているので、大人の目線から見るとフロックくんのお父さんの気持ちにとても共感できます。大人になってドラえもんを見ていないという人にも、ぜひ見ていただきたい作品です。

ドラえもん「のび太の宝島」感想その1

私が今まで見た中で1番好きな映画は、「のび太の宝島」です。

ドラえもんが元々とても好きで、映画も全作品を見ているのですがその中でも宝島は特に良い作品だと思っています。

映画のあらすじ

宝探しをしたいとわがままを言うのび太。
そこでドラえもん、しずか、ジャイアン、スネ夫と一緒に島へ向かったところ、本物の海賊にしずかが連れ去られ・・・。

そこへ現れたフロック。
彼と一緒にしずか海賊船を追っかけるというお話です。

【好きなところ】

キャラクターデザインが魅力的

ドラえもんの映画は毎作品、映画だけのゲストキャラクターが登場するのですが、今回登場したのは「フロック」という金髪の少年とその妹の「セーラ」。

フロックくんは少し強気な性格で、初めはジャイアンと対立してしまいます。

ですが、その強気な性格は家族が一緒にいることのできない悲しさや辛さから強がってしまっているもので、物語の終盤でお父さんと話し合うシーンでは子どもらしい素直な一面を観ることができます。

ジャイアン等と対立していた時も、嵐の中船が沈まないように一生懸命頑張るのび太くんの姿を見て心を開き、力を合わせる様子やたどり着いた島で楽しく笑う様子はとても可愛く、魅力的なキャラクターでした。

フロックくんの妹であるセーラちゃんもしっかり者で、しずかちゃんが連れ去られているところを庇って、セーラちゃんが働いているパン屋さんでしばらく匿ってくれたりと、心優しい女の子です。

ドラえもんに登場するゲストキャラクターの女の子は、か弱い存在の女の子が多いのですが、今回のセーラちゃんはとてもたくましい。

しずかちゃんと変わらない年なのに、海賊船の中で立派に働いている様子はとても気高くかっこいい女の子のキャラクターでした。

また、悪役として登場する海賊たちも、それぞれのキャラクターデザインが今までのドラえもんのデザインと少し雰囲気が違うのですが、ドラえもんの世界にとても馴染んでいて性格もなんだか憎めない、全てのキャラが本当に胸ズキュンな好みでした❤️

絶対的な「悪」がいない

「のび太の鉄人兵団」や「のび太の人魚大海戦」など、攻めてくる悪い人たちと正義とがぶつかる話が多いのですが「のび太の宝島」では、絶対的な悪と正義がないところがとても良かったです。

フロックくんとセーラちゃん、そしてのび太くんたちの子どもたちの視点と、フロックくんのお父さんの大人からの視点。

二つの視点からの考えがぶつかりあうのですが、どちらの言い分も正しく、共感できるのです。

「のび太の緑の巨人伝」も、二つの正しい考えがぶつかり合う話だったのですがそういった「完全な悪役」がいないストーリーがとても良かった!

しずかの視点が細かく描かれている

今までしずかちゃんがさらわれるストーリーの映画は何作かありましたが、基本的には助けようと奮闘するのび太くんたちの姿をメインに描かれていたので、その間のしずかちゃんの様子はあまりわからないものが多かったのです。

けれど「のび太の宝島」では、のび太くんたちとしずかちゃんの二つともからの視点を見ることができます。

「のび太の宝島」は全体的に気持ちの描き方がとても繊細で、表情一つ一つの変化や動きからみんなの気持ちがよく伝わってきます。

さらわれたしずかちゃんの不安や悲しみと、それを表に出さず明るく振る舞う姿は見ている方も辛くなりますが、その分しずかちゃんのか弱いけれど強くもある姿を今まで以上に深く知ることができました。

「七人の侍」後篇

今回は「七人の侍」後篇をお届けします。

黒沢作品でも屈指の名作「七人の侍」

当時東映では子供たち向け「笛吹童子」が人気あったのですが、目の肥えた当時のファンは、「黒沢作品でも、生きると双璧をなす名作だ」と大評判になりました。

当時この映画はハリウッド関係者には知られていませんでしたが、たまたま来日した「ユル・ブリンナー」はこの「七人の侍」を見て、「これはハリウッド以上の作品だ!」と感動してします。

彼はハリウッド帰国後、自分の企画で、脚本はすべて「七人の侍」の脚本を利用することで東宝と契約し、「荒野の七人」を映像化することにしたわけです。

この事情を知らない人たちは、「荒野の七人」が先で、「七人の侍」は後の作品である、と誤解した人は多かったです。

しかし、黒沢の映画造りに感動したコッポラ、スコセッシ、スピルバーグ等々ハリウッドの名監督たちは「黒沢ファン」になってしまいます。

スコセッシにいたっては晩年の黒沢作品に「出演させてほしい」と願い出て、黒沢映画に出演することができました。

まとめ

最後にこの映画を見たとき、それは平成元年の「七人の侍」の最終ロードショウだったのですが、幸い「生きる」と同時に見ました。

生きる、では泣かされて、その後この「七人の侍」で、迫力ある映画のすばらしさを知り、今まで見てきたテレビ映画が、アホらしくなってきてしまいました。

タイムマシンはないのですが、もしあれば、この映画のロードショーされた昭和29年にタイムスリップして、「見てみたかった」そんな気もちにさせてくれる”名作”でした。